ハウ住まいる

外壁塗装・リフォーム・屋根塗装のハウ住まいるをよろしくお願いいたします。

CONTACT

岐阜県各務原市鵜沼山崎町 4-15-122
受付時間 AM08:00~PM08:00

外壁塗装

外壁塗装とは

外壁の損傷は見た目だけの問題ではありません

外壁塗装を行う事で、古くなってきた見た目を良くすることはもちろん、防水塗装により防水効果を復活させることもできます。

外壁の防水効果がなくなってくると雨や気温の変化などで損傷を受けやすくなってしまいます。

数年に一度は点検し雨風と損傷しない防水効果を持続させ、マイホームをずっと快適な場所にしましょう!

外壁塗装を行うタイミングですが、下記に簡単にチェックできるポイントを掲載いたしました。

もし気になる点がございましたらお気軽にご相談ください。

 

劣化のサイン

こんなときが塗り替え時

劣化のサイン①

チョーキング

外壁塗装してある面を指で触ってこすった際に粉上のものが付着することがあります。この現象をチョーキングと言います。

白亜化とも呼ばれるこの現象は塗装表面が紫外線・熱・水分・風等により表層が劣化し、塗料の色成分の顔料がチョークのような粉状になる現象をいいます。表面が汚れていないのに細かな汚れがあるように見え、粉が吹いてるような状態のことです。この状態ですと本来の外壁塗装で得られる建物への効能効果は期待できません!

塗装の劣化によって生じるものですから何らかの対応策を考えましょう。

劣化のサイン②

シーリング

シーリングとは外壁材(パネル等)の隙間を防水や接着の目的で変性シリコンで埋めること言います。

これが痩せたり、はがれてくると雨が内部に侵入することも考えられますので、早めの対応をご検討下さい。

密着が悪かったり、年数が経ちますと画像のように剥がれたり、縮んだりします。この状態を放置しますと、内部に雨水などが浸入することが考えられますので、早めの対応をオススメいたします。

劣化のサイン③

塗装のはがれ

塗装のはがれの原因には、寿命と手抜きと両方可能性があります。

どちらにせよ外壁等の素地の部分が、外部の影響を受けやすい状態です。

素地が傷む前に対応をお考え下さい。

雨が当たりやすい場所や直射日光を浴びる箇所などでは画像のように塗装膜がめくれたりすることがあります。もっとも、前回の外壁塗装の際に手抜きがあった可能性も否めませんが…。いずれにせよ、素地を傷めてしまいますから補修は必要です。

劣化のサイン④

塗装の汚れ

寿命とは直接的には関係なさそうですが、日焼けや、雨の影響を受けやすい部分に関しては、

塗料により通常よりも寿命が短くなることもあります。

問題のある汚れかどうかは判断しにくいですが、一度ご確認下さい。

日に褪せたものなのか、酸性雨の影響をうけたものなのか、もちろん経年劣化も考えられる塗装の汚れ。気になる方は一度ご相談下さい。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。